MENU

パソコンのメモリとは?

 

メモリとはパソコンのデータを記憶する部品のことを指し、英語の記憶するという単語の"memory(メモリー)"から来ています。

 

データを永久に保存するハードディスクとは異なり、メモリにデータを一時的に保存させることにより、データの読み込みを早くさせ、パソコンの動きを早める機能を担っています。

 

メモリの容量よってファイルの保存・読み込みのスピードが異なり、メモリの容量が大きければ大きいほどファイルの保存・読み込みが早くなります。

 

逆もしかりで、メモリの容量が小さければ小さいほどファイルの保存・読み込みのスピードが遅くなります。

 

パソコンのメモリって何ですか?そんなに重要なの?

 

パソコン購入時のメモリ容量の決め方

 

パソコンのメモリは現在販売されているパソコンには、4GB、8GB、16GBなどのメモリが搭載されています。

 

ですので、パソコンの使用用途に合わせて選ぶことをオススメします。

 

詳細は次のパラグラフでご紹介します。

 

また、パソコンには「スロット」と呼ばれるメモリの挿入口があり、それが1つであったり、2つであったりと、パソコンによって異なります。

 

将来メモリを増やしてパソコンの作業効率を上げたい方はスロットの多いパソコンを購入することをオススメします。

 

ただし、パソコンにはメモリの最大積載量が定められており、パソコンによって最大8GBですとか16GBとメモリが積める容量が決められています。

 

ですので、将来メモリを増やしてパソコンの作業効率を上げたい方は、最大積載量の大きい且つメモリスロットの多いパソコンを購入することをオススメします。

 

illustrator、Photoshopを使っている人、動画編集をする人は8GB以上のメモリを積んだパソコンを購入すると良い!

 

Adobe社のillustrator、Photoshop、動画編集ソフトは、ひとつのデータの容量が非常に大きいため、容量の大きなデータの読み込み・書き込みに対応したメモリの容量を搭載する必要があります。

 

Intel core i7、メモリは8GBというスペックのパソコンでさえ、illustratorで作成した100MBのデータの読み込み・書き込みに3分という時間を要します。

 

そのため、illustrator、Photoshop、動画編集ソフトをパソコンで使用する方は、メモリの容量が8GB以上のパソコンを購入すると良いです。

 

パソコンでメール、文章作成、ネットしか使わない人は4GBのパソコンで充分!

 

パソコンでメールの送受信、文章作成、ネットサーフィンの用途でしか使わない人はメモリの容量が4GBのパソコンで充分です。

 

メール、文章、ネットに含まれている文字はデータとしては1KB程度とデータの容量が少ないため、パソコン内のデータのやり取り自体、ストレス無くスムーズに行われます。

 

そのため、メール、文章作成、ネットでしかパソコンを使用しない方はメモリ4GBのパソコンで充分です。

このページの先頭へ