MENU

“外付けストレージ”とは・・・?

 

パソコンのデータを記憶する周辺機器のとして“外付けストレージ”というものがあります。

 

外付けストレージ”とは、コンピーユーターを基礎的に形成する構成物でデータを記憶、保存する機器のひとつです。

 

その種類には様々な種類がありますが、データの書き込み消去が任意手軽に出来る半導体メモリーの“フラッシュメモリー”やフラッシュメモリーを応用したSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)にハード・デスクやフロッピー・デスクなどの“磁気ディスク”やCDにDVDとBD(ブルーレィ・デスク)などの“光学デスク”、カセットテープなどの“磁気テープ”などがあります。

 

パソコンの内部記憶装置の容量が少なくなった時には、簡単に取り外して持ち運びができパソコンのUSBポート(コネクター)に抜き差しして使う“USBフラッシュメモリー”が便利です。

 

外付けストレージって何ですか?今ならSSDの外付けがGOOD!

 

光学式ドライブ

CDやDVD、BD(ブルーレイデスク)などのデスク(円盤)に保存する為の“光学デスク”に磁気の性質を用いてデータを記憶する“磁気デスク”に“磁気テープ”などがあります。

 

ユニバーサル・シリアル・バス(USB)

現在、最も普及しパソコンに標準装備されているUSBポート(コネクター)に抜き差しして使う“外付けUSBストレージ”が一般的になっています。

 

USBとはパソコン本体と周辺機器をつなぐための接続端子(規格)のひとつ(ユニバーサル・シリアル・バスの略)で用途としてプリンターやマウスにキーボー、モデムなどの周辺機器を簡単につなぐことができます。

 

USBは、周辺機器をパソコンに接続する際の専用ケーブルを廃し、接続のための入出口を統一することで周辺機器を作る側もユーザー側も簡単で理解しやすい統一規格です。

 

ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)

今まではデータを保存するために磁気ドライブのハード・デスク・ドライブ(HDD)が用いられてきましたが近年はフラッシュメモリーを応用したSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)の大容量・低価格化が進み多く使われる様になりました。

 

SSDはHDDよりもデータの転送速度が速いというメリットがありますが、容量に対する価格が高いというデメリットがあります。

 

しかし、最近では小容量のSSDであれば安価になってきておりSSDを搭載したノートパソコンなども登場しています。

 

ストレージにどれだけのデータを保存できるかを表すのがストレージ容量ですが、1GB(ギガバイト)単位で表示され1,000GBを超えると1TB(テラ・バイト)になり大容量化にともない多様化しています。

 

外付けストレージを周辺機器として用いる場合の選び方としては自分の使用目的と何が必要なのかを考えて選ぶ必要があります。

このページの先頭へ